カテゴリ:ロケットストーブ( 15 )

耐火キャスタブルという物があると言うのを知ったのがつい最近。

ネットで調べて奥田源松商店という所で買った。
午後注文して見積もりしてもらい、その日のうちにネットバンクで振込。
次の日の昼頃には届きましたね。
b0249826_21583721.jpg


軽量・断熱・耐水・耐酸など色々な種類があるそうです。

最初試しにちょっと使ってみるつもりでひと袋だけ買ってみたんですが、いざ使ってみると25kgじゃ足りなくて結局2袋追加しました。。

b0249826_2159264.jpg

外形300パイの筒に150のボイド管。高さ600
1袋だと半分でした。
残りは追加分が来てからでという事で・・・
試しにその片に転がってた鉄筋の端材を入れてみた。
熱で膨張すると壊れるかな?と思い、注文するときについでに聞いてみたが、大丈夫だと思います。との事。

b0249826_2235240.jpg

筒の上端まで流し込む。
b0249826_2245343.jpg

約二日経過したところでちょっと燃やして熱を入れてみる。
どの位時間経てば乾燥するのか分からない。
乾燥しないうちに熱をかけると内部の水分が膨張して爆発します!みたいな事が書いてあった。

b0249826_2281355.jpg

暫く燃やしてたら水分が上に上がってきたようです。
ヤバイか?と思いここで一応火を弱めました。
しかし内部のボイド管が全然燃えそうもない。
相当熱い排気が通ってるんですがボイド管はあまり熱くなってない様な・・・
ま、本気で温度上げれば燃えると思いますがね。

パーライトで断熱して作るヒートライザーは軽さゆえに蓄熱能力はないでしょうが、コレは50kgオーバー。
どうなるかな??
by tyokujin1975 | 2013-02-11 22:18 | ロケットストーブ | Comments(4)

カインズホームで買い物。
b0249826_23145773.jpg

溶岩レンガが欲しくて甲府まで行きました。
今のところ売ってる店はココしか知らない。

b0249826_23165251.jpg

灯油タンク。
板厚は2mmだった。ま、予想通りか。
b0249826_2317963.jpg

穴空けた。
適当なフリーハンド。なので後で埋めるの苦労した^^;

b0249826_23185588.jpg

扉はタンクと一緒に貰ってきたモノ。
半分腐ってるので寿命もそう長くはないでしょう。
壊れたら作り変えるか。

b0249826_23191184.jpg

底面に縞板張った。

b0249826_23223356.jpg

背面。
顔を書けば機関車トー○ス?

b0249826_23243837.jpg

正面

b0249826_2325452.jpg

上面
煙突部分。中心はボイド官。

b0249826_23254075.jpg

最近気になっていたコレを使って見たかった。
耐火キャスタブル。
商品名はアサヒキャスター。1200度タイプ。
耐熱温度とか強度とかで色々種類があるそうです。
コレは一番安いやつだと思われる。

25Kg。
入れてみたけど全然足りなかった^^;
by tyokujin1975 | 2013-02-07 23:36 | ロケットストーブ | Comments(2)

今回はモドキじゃなくてロケットストーブだけどタイトルはモドキ。
b0249826_22232246.jpg

底側から見た所。
H鋼の長さが合わなくて微妙な段差が出来てしまった。

b0249826_22261420.jpg

当初、車屋という事で廃油も出るだろう!と思って廃油でも燃やせる様にしようかなと妄想。
背面に穴空けてパイプ付けて、そこから廃油流してその下のSUSの溝で萌えれば良いなぁ~と実験してたんですが・・・・
車屋さんに廃油はイイや(・∀・)

って事でボツに^^;背面とサイドの穴は塞ぎました。。




ロケットだけあって燃費は良いんだけど、鉄工所VERと違って本体が強烈に熱くなるわけでは無いので、側にいてもイマイチ暖かくない。排熱回収装置とか付けないとダメかな。そうなると木酢液との戦いが始まってしまう・・・

ロケットストーブではデカイ薪は燃やせない。と言うのが定説?だけど結構イケそう。

最大の問題は燃焼塔と天板の距離。
現状のままで蓋をすると明らかに引きが弱くなり逆流してしまう。

色々計算式はあるんですが・・・・やってみないと分からない(´・ω・`)
by tyokujin1975 | 2013-01-16 22:50 | ロケットストーブ | Comments(6)

2013年

今年も残すところあと・・・・

は、止めて^^;

早くも10日を迎えようとしています。なんか早いです。
今頃の日記更新ですが、特に寝正月をしてたわけではないです。
1日から薪割りして・・・
b0249826_23303287.jpg

今年に持ち込んでしまった仕事をしたり。
焼却炉のカバー。
ボロボロになった部分を補強するってことでしたが、良く見ると穴の空いてるところ以外もかなり薄くなってて、補強というのも厳しいなぁ・・・って事で新規に作り直した。
完成品撮るの忘れた・・・

b0249826_23345127.jpg

某病院の台車。
溶接部分が割れて足がブラブラ状態。
b0249826_23354673.jpg

割れてる所、割れそうな所。とにかくしっかり付けちゃってという事で。
擦り込まないで研磨。強度重視で。

後はロケットストーブもどきの改造。
b0249826_23334068.jpg

これはテスト燃焼の様子。
直接排気しないで一回下げてみました。
下がってるけどダウンドラフトではないと思う。だって排気の行きと帰りの体積が同じなんだもん。。。
b0249826_23431166.jpg

とにかく半乾きの薪が多いので乾かす^^;

これと同じ構造で煙、灰が漏れちゃいけない室内ver.を作るつもりでしたが、やっぱダメだ・・・
ちゃんとヒートライザーを断熱する構造にしないと無理っぽい。
この300コラムと300H鋼を使ってで考えると・・・・・・イマイチ良いアイデアが出ない。

取り敢えず改造したロケットもどきの安定燃焼してる様子はYouTubeにアップした。



b0249826_23503964.jpg

今年は良い年になるように頑張るぞ!
by tyokujin1975 | 2013-01-09 23:54 | ロケットストーブ | Comments(4)

昨日のテスト燃焼でなから納得できる結果が出たので本日全溶接しました。

「なから」という言葉。

山梨県じゃ通じないのか?ちょっとショックを受けました。
この辺では若い人でも結構使うんですが・・・
調べてみたら長野県の方言なんですな。
ほとんど、とか、ほぼっていう意味。

ここは山梨と長野県の県境だから方言もハイブリッドか。

えっと、ロケットストーブの話です^^;
b0249826_2393725.jpg

溶接後、MAXまで燃やしてみました。
一番熱い部分は背面の下だったんですが500度オーバーの計測不能。
そして、真っ赤に錆びてる材料を使ったので、そのままワイヤーをかけてサラダ油の廃油を塗って油焼き。
凄い煙が出ます。
300度~400度位の部分は綺麗な黒い色になりますが、それ以上の温度だと白っぽくなってしまう。
温度低いと茶色い感じで綺麗じゃない。
要するに中華鍋みたいな感じの色にしたい訳です
塗装ではでない味が出ます。渋い黒って感じ。
金もかからないし^^耐熱塗料って凄い高いんです。

できるだけ手をかけないで安く仕上げるのが今回のテーマなんですが、オーブンつけたくなってきた^^;
鉄工所の社長も打ち合わせで希望を聞いたときに、オーブンが夢みたいな事言ってたので喜んでくれるかも!?
一応明日、先方の予定を確認してOKなら納品する予定です。


b0249826_23204880.jpg

燃え尽きた後も内部は結構な温度。
そこに乾燥が甘い薪を入れて乾かしてます。
この状態でオキを奥に押し込んでそこでトロトロ燃やしてれば、強制薪乾燥機になるな!欲しい!!^^;
by tyokujin1975 | 2012-12-24 23:27 | ロケットストーブ | Comments(2)

今日は起きたら雪化粧でした。
姪っ子達は喜んで雪だるま作ってましたが、こんなベチャベチャな雪じゃ遊べないね。

えーと、先日某鉄工所社長と打ち合わせ?して作ることになってたストーブ。
今日は助っ人業が無いので再開です。
前回、一応形にして試しに燃やしてみた訳ですが・・・
b0249826_23582847.jpg

なんとなく空気の流れは分かったので・・・・

今日は扉とか付けて
b0249826_23495342.jpg

こんな感じになりました。
仮止め状態ではありますが、一回本格的に燃やしてみた。
上手くいかないと思ってたけど、ほぼ予想通り^^;
温度が上がってくると鉄が膨張して仮止めの箇所がバキ!、ベキ!と外れて逝きました^^;

取り敢えず来週の頭までには完成させる予定。
by tyokujin1975 | 2012-12-22 23:59 | ロケットストーブ | Comments(0)

前回の実験から・・・
b0249826_2324458.jpg

二次燃焼促進を狙ってこんなん付けてみましたが。。。
結果的にはそんなに効果は見られなかった。
前回の実験の時も引きが弱いなぁという感じだったけど、コレ付けたら更に弱くなった感じ^^;
なくても良かったと思われる。が、コレは廃油ストーブとの融合を目指した名残である。

でも引きが弱い一番の原因はバーントンネルからヒートライザーにつながる所が本来の半分の広さしかない事だと思われる。
というわけで、
b0249826_23282321.jpg

バイパス手術。
切開。
b0249826_23285435.jpg

縫合。
b0249826_23294587.jpg

包帯巻いて・・・
じゃなくて、断熱材巻いて燃やしてみたら、多少は良くなったようだ。

More
by tyokujin1975 | 2012-11-14 23:42 | ロケットストーブ | Comments(0)

以前から考えていたスパイラルなロケットストーブのヒートライザーを作ってみた。
そんな大した事じゃないですが、ヒートライザーの内部にパイプを入れて、バーントンネルからヒートライザーに入る入口に整流の板を付けただけ。

仮設なので溶接は点付け。後でバラします。
b0249826_2238564.jpg

内部。
分かりづらいですね^^;
パイプの現状は特に空気を流す様にはなってないですが、様子を見て廃油ストーブみたいな空気の出口を付けようかな?と思っています。
っていうか、燃料を薪と廃油のハイブリッドにしようかなと。
初期の燃焼は薪で、廃油が気化する温度まで上昇したら薪1:廃油2。とか
お互いのメリット、デメリットを補える関係になるんじゃないかな?と妄想してました。


b0249826_22462254.jpg


でも、廃油は温度上がりすぎて暴走したら怖いなぁ。
廃油ストーブはまだ作った事が無いのでなんとも。


渦燃焼のテストの様子。
保温、断熱してないので勢いはちょっと弱いですが。
焚き付け直後、中間、MAX燃料 と時系列になっています。
二次空気なしでも意外としっかり旋回してる。パイプからの空気が必要あるかどうか・・・
by tyokujin1975 | 2012-10-27 22:56 | ロケットストーブ | Comments(0)

ロケットマフィン

先日育てるキッチンの塩ちゃんにこっそり教わってきたレシピ。
午前中にチャチャっと作ってみた。発酵させなくて良いのですぐできるね。

b0249826_23232565.jpg

クルミとレーズンのマフィン(のつもり)

ロケットオーブンに投入。

b0249826_23251492.jpg

10分後位
様子を見てみたら・・・凄い膨らんでるんですけど^^;

b0249826_23265641.jpg

レシピ通りにやったつもりですが、なにやら違うモノになってしまったようです。
b0249826_2329496.jpg

心当たりがあるとすればベーキングパウダーがちょっと多かった気もしますが・・・

b0249826_2331564.jpg

リベンジ。
生地に自家製ブルーベリージャムを混ぜた。

b0249826_23325621.jpg

やっぱり違うモノになった^^;;

まー見た目はナウシカに出てくるオームみたいでしたが、美味かったので良しとします。
でも本物よりちょっと甘い気がしたかな。
http://youtu.be/6xdaF3AvZIM


b0249826_23411560.jpg

あかざの杖。
庭に生えてた植物です。乾燥させると結構強くなる。軽いし柔軟性もある。
ペーパーかけたり、バーナーで炙ったり、油塗ってみたりして・・・
ちょっとそれっぽくなった。
b0249826_2344711.jpg

下にステンレスのパイプをロールピンで固定で完成。

敬老の日という事で、杖とマフィンを持ってばーちゃん所に行って来ました。。
by tyokujin1975 | 2012-09-17 23:47 | ロケットストーブ | Comments(4)

ロケットオーブン1

b0249826_2241250.jpg

作業場からデッキの前まで運んできました。
ホントはデッキの上に置こうと思ってたんですが、一人で持ち上げるのは無理でした。

More
by tyokujin1975 | 2012-09-10 23:00 | ロケットストーブ | Comments(0)