<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

普通にバケットで作業してる分には壊れる事は無いそうですが、伐採で使う挟む爪を付けて無理な作業をすると、予想以上にアームに力が掛かってしまい逝ってしまう事があるそうです。
b0249826_22030125.jpg
これは過去に修理したのを使ってたそうですが、補強した溶接部分でポッキリと逝ってしまったとの事。
4面同じ位置で真っ直ぐに補強版を溶接したので、力が集中してしまいねじ切れてしまった。自分で治したのかな?溶接が汚かった。
b0249826_22090850.jpg
力が一カ所に集中しないように、補強版はこんな感じの形状にすると良いそうです。
b0249826_22110428.jpg
車屋さんで塗装。
b0249826_21584771.jpg
前回の修理は練習?
今回は本番の壊れる前の補強。
b0249826_21581114.jpg

by tyokujin1975 | 2014-04-18 23:49 | Comments(2)

庭で薪作業やると汚れるので今年からは下の畑に原木を運んでる。
ホントは庭に玉があって、通りががり、気が向いた時に。パカーンと薪割りできれば最高なんだけど。
b0249826_21515937.jpg
土場の様子。
山になってるのは親戚のおじさんがこの自作油圧薪割り機で割った栗の薪。
b0249826_21534911.jpg
ユンボの油圧で動きます。パワーは結構あると思う。
b0249826_21554399.jpg
根っこ部分。
これはなかなか有効利用は難しい。


by tyokujin1975 | 2014-04-15 21:48 | | Comments(0)

焼却炉の扉

b0249826_21402192.jpg
この真ん中の部分、最初は耐火セメント?のような物が付いていましたが、熱に晒されてボロボロになってしまった。
b0249826_21424720.jpg
周りをフラットバーで補強し、何となく適当に丸棒を溶接してみた。
火の当たる上部の鉄がだいぶ痩せてきてたので、その辺に転がってたSUS304板を溶接。
b0249826_21444016.jpg
前回使用して余ってたアサヒキャスタブルで。
まだ使えた。
多分落ちないと思う。


by tyokujin1975 | 2014-04-10 21:39 | 製作 | Comments(0)

骨髄バンク

b0249826_1830632.jpg

今はドナーさんが増えて、昔みたいに一致する人が見つからないという事は殆どないそうです。
医学も進歩して完全一致してなくても可能だし、色々な移植方法もできた。
それでも、ドナーさんの善意がなければ始まらない。
自分や近しい人がこういった状況にならなければ考えもしなかったと思う。
自分の時間、仕事、身体を犠牲にして見ず知らずの他人の為に。
報酬など何もなく、100%の善意です。

ドナーさんとは移植後以内に二往復だけ手紙のやり取りが可能。
一回目は移植後、ちょっと落ち着いたら。
二回目は1年後、元気になった報告が出来れば良いなと思ってます。
by tyokujin1975 | 2014-04-09 18:27 | 病気 | Comments(2)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by tyokujin1975 | 2014-04-06 22:21 | 美味しいもの

余命1.6年

スコアの結果ですが、このまま放置して治療しなければ一年半の命です。
もちろん、もっと長く生きる場合もあるでしょうが平均するとこのぐらいって事でしょうか。

骨髄移植の成功率が6割位。移植における失敗=死。
3年位経って再発が無ければ成功かな。
こう見ると結構厳しい数字ですね。
完治の望みは移植のみと。

移植すると血液型や性別が変わったりするんですが、臍帯血移植の場合は免疫もリセットされるので子供の時にやった麻疹とかもまた罹るんだって。
小児科受診したら周りから変な目で見られたよ~って、談話室でおばちゃんが話してた。
面白いですね。
また移植したその日がセカンドバースデーってことで1歳・2歳・・・とカウントしてくと。
面白いですね^^

ま、この世でやるべき事がまだ残ってるならば、また帰ってくるでしょう。


by tyokujin1975 | 2014-04-01 23:58 | 病気 | Comments(0)