【補足】自作薪割り機【バッチュウキ】

b0249826_20192462.jpg

先日書いた自作薪割り機

このシリンダ部分は抜柱器っていう電柱を引っこ抜くための物です。
電柱建てたり撤去したりと何回か手伝ってるが、コイツを使ってるのを見た所は一度しかない。
最近ではあまり使わないとの事。

そのうち要らなくなって貰えないかな?

今度は縦型も良いかなと思っている。
ってか、今までは男は斧だ~!(笑
って思ってたけど病気してこの先どうなるか分からんし、マシンもアリかなと^^;

で、興味出てきて動画とか見たりしました。
この手の薪割り機も結構あるんですね。

ただ抜柱器を使った場合ユンボが無いと動かせないという不便。場所を選びますね。
が、ちゃんとした物を作れば買ってくれそうな所もあるなぁ。
仲田鉄鋼とか、近所の造園屋さん。
特に仲田社長は買ってくれそうだ(^^)/

shige02さんから頂いたコメント
このクラスのユンボの油圧はだいたい20MPa位だったと思うのですが、20MPaはだいたい2900psiです。
写真で見ると、シリンダのボアは、4インチはあると思います。
だとすると、断面積は、4π=12.57平方インチありますので、36442ポンドです。
よって、USトン表示で、18.2トン、正確には、16.5トンです。
排土板の油圧が20MPaで、リリーフなどで減圧されないという前提の数字ですが、10トン以上は出てると思いますが。。。

抜柱機自体の能力は7トンらしい。
Mpaとかpsiとかピンときません^^;
20Mpa(メガパスカル?)はざっくりで20トンの圧力ってことかな。
良く分かってませんが^^;
ユンボの能力で破砕力が変わるって事かな。なら抜柱器の7トンっていう能力の意味も良く分かりませんな。
b0249826_2075855.jpg

良く見たらアルゴンのボンベとかにもMpaの単位が・・・


クリックしてくれてありがとうございますm(__)m
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
Commented by かなパパ at 2015-04-07 23:02 x
抜柱機、おそらくポンプ側の能力も含めて7トンという事なんではないでしょうか?
シリンダーに油圧かければかけるだけ力は加わるでしょうし、対応したいトン数に合わせて、パワーのあるポンプとキャパのあるシリンダーを組み合わせる必要があるのでは?と。

ちなみにトン数の目安ですが、自分の認識だと、手斧が10トンパワーという認識です。
でもって、手斧で割れないものは10トン薪割り機では割れません。
そんなんで、20トン薪割り機を作ってみたわけです。
おかげで、手斧でどんなに頑張っても割れない物も割れてくれます。
(^_^)

せっかく作るなら、20トン〜30トン目指すと良いと思います。
あと、自分は次作るなら縦型ですね。
なぜなら力の負荷が分散されるので軽くても頑丈なフレーム作れそうなのと、寝かしてると重い玉乗せるの大変です。
(^_^;)
実際に使っててそう思いました。
Commented by 轟炎轟 at 2015-04-07 23:39 x
油圧を取るための機械は、農業用のトラクターからも簡単に取れます。
その他にも、稲刈り用コンバインのベース部分(エンジン・クローラー・油圧機器)だけを残した機械も出回っていますので、一度農機具屋をのぞいてみると掘り出し物があるかも知れません。
Commented by チュー at 2015-04-08 01:50 x
今晩は。
私も気になり調べてみました。日立建機HPより同じクラスと思われるショベルの「主リリーフ弁セット圧」を見ると20Mpa(kgf/c㎡)のようです。 受圧面積 で検索すると出力(荷重)の求め方が書いてありましたので計算してみたところ、やはり最大15トンほどの出力だと考えます。ただこれは単純押しシリンダの場合の計算で、シリンダ種類によっては若干変わってくるようです(http://www.blackhawk.co.jp/pdfs/HAYDRAULIC_TEXT-25P.pdf#search='%E5%9C%A7%E5%8A%9B+%E8%A8%88%E7%AE%97+%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC')。勉強になります。有難うございました。
Commented by チュー at 2015-04-08 01:57 x
追記:シリンダの内径が10cmあると仮定しての計算です。
Commented by チュー at 2015-04-08 05:31 x
訂正:
20Mpa(kgf/c㎡)のようです。→20Mpa(kgf/c㎡)前後のようです。
単純押しシリンダの場合の計算で、シリンダ種類によっては若干変わってくるようです→押側出力の計算で、引側出力は低下するようです。
Commented by tyokujin1975 at 2015-04-08 22:09
かなパパさん。
あの薪割り機一回フレームが弓みたいに反って変形しちゃったんですよ。
直して補強してからは大丈夫なようです。
一応あのパワーで割れないものは無いみたいです。
巨大な玉を楽に乗せる工夫が必要ですよね。
Commented by tyokujin1975 at 2015-04-08 22:14
轟炎轟さん。
そうですか。別にユンボである必要はないわけですね。
ちょっと周りにアンテナはって目を光らせておきます(^^)/
Commented by tyokujin1975 at 2015-04-08 22:26
チューさん。
kgf/c㎡って言うとなんか馴染みがあります(^^)/

油圧ってなに?
昔、授業でこんなような事ならった気がしますが、忘れてしまってます^^;
圧力の単位はパスカルに統一されたんですね。
丁寧に有難う御座いました。
Commented by shige02 at 2015-04-10 11:18 x
薪割り機の場合、力がいるのはほんの一瞬、楔を薪に食い込ませるときだけなのです。
ですが、ユンボや農機具などは、常に一定の圧力で運転するように設計されています。(流量が可変)
薪割り機の場合、ツーステージ型ポンプと呼ばれるものを使い、通常は、低圧で流量が多く、力がいる瞬間だけ、ローギアに入り、流量が減る代わりに油圧が上がる、そういう専用のポンプを使うのです。
そうすることで、無駄に大きなエンジンを使う必要がなく、経済的と思います。
Commented by tyokujin1975 at 2015-04-10 22:59
shige02さん。
なるほど。そうゆうものなんですね。
普通の薪割り機とかは力が掛かる瞬間に音が変わるような気がしましたがギアが変わってるって事なんですね。

確かに重機のエンジンかけっぱなしじゃ勿体ないですね。。
by tyokujin1975 | 2015-04-07 20:53 | | Comments(10)